自動車が損壊

交通事故で自動車が損壊した時の慰謝料

交通事故に巻き込まれるケースにはいくつかの種類があり、一つのケースでは説明できないこともあります。例えば、人と自動車が事故を起こした場合には確実に自動車を雲梯していた人物の過失になりますし、自動車同士の事故を起こした時にはどちらに過失が存在するのかをきちんと確認しなくてはいけません。そして、こうした様々なケースが想定できる交通事故では、相手に対して請求できる権利も一つではないという事実をしっかりと正しく把握しておくことが重要なのです。そうしておくことで、実際に権利を行使するときに間違った選択をしなくても済むようになります。

交通事故の場合には、慰謝料請求をすることが最も多いのですがこの慰謝料請求の中にもいろいろな意味が含まれています。多くの人は慰謝料の中に被害者自身の損失だけではなく物的な損害を含めて考えていますが、法律的には物的な損害は慰謝料に含めることが出来ないので別に考えなくてはならないという事情があります。物的な損害を補償してもらうためには別の権利を行使しなくてはならないので、自動車が壊れてしまったなどの事情がある場合にはまずそちらの権利で損害分の計算をしなくてはなりません。この時に利用される権利のことを損害賠償請求権といいます。

損害賠償請求は、日常生活における弁償の意味に近い意味を含んでいます。慰謝料は精神的な損失という非常に曖昧な基準を元にお金を計算することになりますが、損害賠償請求では被害にあった程度にしか保証を受けることが出来ないので、物的損害の修理に10万円程度の費用が必要になった時にはこの10万円の範囲内で補償を受けることが出来ます。これが慰謝料と損害賠償の大きな違いの一つになっているのです。

請求できる金額は違いますし、精神的な苦痛を受けた被害者自身に対して行う請求でもなく物的な損失に対して行うものなので、これらの権利は法律的にも明確に違う権利であると定義されています。特に、交通事故の場合にはほとんどのケースで物的な損害を考えなくてはいけません。物的な損害を含めた示談金を考慮することは出来ますが、実際に提示される示談金の中にはこうした請求権から計算できる相場よりも遥かに小さな金額で収まることもあるので、こうした権利が有ることを知っておいて損はありません。

交通事故の場合には、自動車が絡んだ事故が当然になりますので被害者自身の身体だけを考慮した権利だけがあるわけではないのです。