入通院慰謝料

交通事故で請求できる入通院慰謝料

交通事故の被害額の請求については被害者側が不利になってしまう事がよくあります。
交通事故の被害額を決める方法は複雑で、法律の専門家や保険会社でないと妥当かどうかが分からないからです。
そして保険会社は支払うお金を少なくしようとしますので、被害者に支払われた金額では、とても通院費や治療代が賄うことができないケースもあります。

交通事故には示談金も発生しますが、示談金とは交通事故の損害賠償金として加害者から支払われるお金のことです。
加害者から被害者に支払われる損害賠償金には様々な種類のものがありますが、まとめて示談金といいます。

交通事故で被害者が負った怪我の症状が確定しないうちは、入院や通院をせざるを得ないという精神的な苦痛に対して入通院慰謝料を請求できます。
また、交通事故で被害者が負った怪我の症状が固定したら、後遺障害が残った精神的な苦痛だけでなく、肉体的な負担に対しても後遺障害慰謝料を請求できます。
受けることができる治療をすべて受けても、完治に至らず後遺障害が残ったままになってしまったときに、入通院慰謝料の他に賠償されるものです。

入通院慰謝料は三つの基準で計算されます。
一つ目は自賠責基準という基準です。
自賠責保険は、交通事故に遭った被害者に対して必要最小限の補償をする目的で作られた保険で、自動車を運転するドライバー全員に自賠責保険に加入することが義務となっています。
そのため、自賠責基準は交通事故に遭った被害者の方を必要最低限の範囲で救済する目的で定められた基準になります。
三つの基準の内、金額が一番安く算出される基準です。

二つ目は任意保険基準という基準です。
任意保険は、加入が義務付けられている自賠責保険と比較した名前で、自賠責保険では足りない損害賠償を補償する目的で作られた保険です。
任意保険基準は、それぞれの任意保険会社が個々で定めている慰謝料の基準になります。
それぞれの任意保険会社でどんな基準を定めているかは公表していないのですが、任意保険基準で算定される金額は自賠責基準と裁判所基準の間になることがほとんどです。

三つ目は裁判所基準という基準で、弁護士基準といったり、赤い本基準といったりもします。
裁判所基準は、今までの判決の事例などを基に定めた慰謝料の基準になります。
裁判所基準で計算する慰謝料の金額が、三つの基準の中で一番高い金額になります。
被害者の弁護士が損害賠償請求をしたり、自動車保険会社と示談の交渉したりするときには、裁判所基準を使って計算します。